園芸一般、切花(花束)、フラワーアレンジメント、観葉植物(インテリア)、ブーケ、プリザーブドフラワー制作  
新宿、練馬、杉並への配達も賜ります 〒165-0032 東京都中野区鷺宮6-28-23  
営業 AM9:30〜PM6:00 (毎週火曜日定休)  駐車場あり 
 お問い合せ
 観葉植物を育てるおとこ

< 1234 >
そんな植物たちのオーラを感じることができる自分だが、植物の衝動買いなどもたまにあり、そのときの気分で購入してしまう。 仕事で今日は客先への納品が終わり、ひと段落した。 新しくプロジェクトを立ち上げた記念だ。 …等
なんか気分を変えて気分一新したい時などに良く植物を連れて帰る。 そのくせ仕事が忙しくなり、帰宅して寝るだけ、または会社でお泊りが続いたときなど、部屋に残された観葉植物はあえなく植物ミイラと化してしまい、猛省する。
枯れた植物を部屋に放置すると風水でいう運気が上昇しない。とよく言われるので処分するのだが、身勝手な自分の気分で植物を育てては枯らすのはどうかと思う。
植物の気持ちがわかるのならもう少し丁寧に細やかな気持ちで育てるべきだと自分に言い聞かせる。
そんな私にピッタリなグッツもある。

毎日少しずつ自動で水を与える『アクアプラント』、また室外のベランダの植物などは水道があれば『自動水やりタイマー(EY4100DX2)』等すぐれものグッツがあり重宝している。
さすがに長期出張で数ヶ月家を空けるときは彼女に鍵を預けて水やりをお願いしたが、2,3日の外泊ならばこれで充分である。
ただ、植物には愛情をもって接しないと必ず手痛いしっぺ返しがあるのは前述の通りで怠慢は禁物である。

誰もいない部屋で観葉植物達はいったい何を考えているのか?仕事熱心なご主人様を待ちわびることもなく粛々と生きているのであろう。そして帰宅したときは誰もいない部屋に私のために新鮮な緑の空気を一杯にして迎えてくれる。
そんな小さな、私の住まいは2Kのマンションだが、キッチンの出窓に最近はやりのハイドロカルチャーで『パキラ』を育てている。ハイドロカルチャーの『セラミスグラニュー』は保水性か良く、数日水を与えなくてもヘッチャラのようである。

肥料は専用の植物活性剤『HYPONEX Cute』が最適とのことでそれをたまに与えている。
また、このハイドロカルチャーは土がオシャレでカラーも3色あり、なんといっても無菌、無臭で保水能力が高い室内用植物土というのが大変良い。
あまり水を与える必要がないので水が腐ったり、コケやカビが生えたり等の心配もなく、しかも腐葉土を使わないので、「特命リサーチ200X」(日本テレビ)で取り上げられた「レジオネラロングビーチ」の心配も無い。

通常の土だと粗相をして鉢を倒してしまった時など、あとからの掃除が大変だがこのセラミスグラニューは玉も大きく回収が意外に楽である。(←粗相をしたのをバラシテイル)
<1234 >

HOME HowTo和光園 店舗のご案内 ご来店地図 やってみよう! 裏手の温室 採用情報
切り花 アレンジメント ドライフラワー ブーケ 園芸資材
 品質管理 推奨環境
Copyright Flower Store Wakoen All Rights Reserved.