園芸一般、切花(花束)、フラワーアレンジメント、観葉植物(インテリア)、ブーケ、プリザーブドフラワー制作  
新宿、練馬、杉並への配達も賜ります 〒165-0032 東京都中野区鷺宮6-28-23  
営業 AM9:30〜PM6:00 (毎週火曜日定休)  駐車場あり 
 お問い合せ
 園芸土と肥料について(やってみよう!)
やってみよう和光園ホーム一年草の育て方宿根草・球根の育て方野菜の育て方(家庭菜園)
観葉植物を育てよう出窓テーブルを飾る草花ベランダ園芸
園芸土と肥料について病害虫を防ごう芝生の庭をつくろう
植物は生き物です。私たちと同じように呼吸もするし、栄養補給も欠かせません。日当たりや水も大切ですが、土や栄養で育ち具合が大きく変わってきます。土の配合や肥料の与え方など植物にとって快適な環境を作りについて記載してみました。あなたの園芸ライフに是非お役立ていただき、元気に育ててあげましょう。
良い土と良い肥料
肥料の三大要素
植物の成育にもっとも必要な「肥料の三要素」といわれています。

  チツ素(元素記号:N)
  リン酸(元素記号:P)
  カリ(元素記号:K)

  植物を育てるときはこの3つの成分が欠がせません。

三要素 はたらき 
チッ素(N) 葉や根の形成に大切な栄養になる植物の生育に欠がせない成分です。
リン酸(P) 開花や結実に大切な成分です。この成分が足りないと花数が減り、開花結実も遅くなります。
カリ(K) 根の発育を助け、光合成や抵抗力を養う働きも促します。不足すると根の発育が妨げられて葉に小さな白い斑が浮いてきます。

肥料の種類
肥料は「有機質」と「無機質」に大別されます。「有機質肥料」は動植物が主原料ですがら多量に与えても危険は少なく、土の力も高めてくれます。ゆつくり長く効くので元肥に使用します。「無機質肥料」とは化学肥料の事を指します(複合肥料や配合肥料とも呼ばれる化成肥料と単肥に二分されます)。速効性ですが成分が強いので、与え過ぎると肥料やけをおこすので注意が必要です。有機買肥料と併用して植物の大きさに見合った量を使用する事がポイントです。

    特  徴 効き方 施肥法 1平米
あたりの量
 






油かす
(主成分N)
大豆や菜種の油を絞ったカス。 緩効 元肥・追肥 75g 元肥は植えつけ2週間前に土壌に与えます
骨粉
(主成分P)
魚や獣の骨を蒸して粉砕。 長期間育てるバラなどに使用します。 緩効 元肥・追肥 40g 石灰と混ぜると効果が減ります
鶏ふん
(主成分N)
乾燥させた鶏の糞。効き目が強いので根にあたらないように注意。 緩効 元肥・追肥
牛ふん
(主成分N)
乾燥して砕いた牛の糞。発酵させて使用。 緩効 元肥











化成肥料
(複合肥料、配合肥料)
3要素が含まれます。
N・P・K=10−9−10
という具合に含有量が表示されています。
速効 元肥・追肥 元肥100g〜170g
追肥は元肥の1/2
使用上の注意や規定量を守ってください
単肥 3要素のうち1種類だけを含有。その成分だけを追加する時に使用。
 ・硫安(N)
 ・過リン酸石灰(P)
 ・硫酸カリ(K)
速効 元肥・追肥 10g
30g
15g
硫安(N)硫酸カリ(K)は連用しないこと

肥料の与え方
成長が活発な時期は栄養もたくさん必要です。施肥も忘れずに与えましょう。与える植物と時期によっていろいろな施肥方法があります。与えるときは肥料やけを防ぐため、根や茎に肥料が直接ふれないように注意してください。
鉢物
肥料は春(3月〜5月)から秋(9月〜10月)までの生育期に与え、原則として冬は必要ありません。
  1. 春から秋の生育期は 1.5〜2ヶ月の間隔で発酵油粕や化成肥料を与えます。
  2. 真夏は原則として7月下旬〜8月下旬には与えません。
  3. 冬、室内で育てる場合は液体肥料を与えます。冬も花が咲くシクラメンなどは1.5〜2ヶ月の割合で 発酵油粕や化成肥料を与えます。

庭の草花
  1. 一年草は植物を植える前に土に施す元肥の他に、追肥として1.5〜2ヶ月の間隔で化成肥料を与えます。
  2. 宿根草や球根類は12月〜2月の間に有機質肥料で寒肥を施します。種類によっては春と秋の2回または1回、有機質肥料か緩効性肥料を与えてください。

果樹・庭木
春の芽吹きのために植物の生育が止まっている冬の間に施す寒肥の他、花や結実が終わった後でお礼肥を与えます。翌年の収穫・開花のためと耐寒性を高めるためです。
観賞用の庭木は寒肥だけで十分。ただし、幻木の場合は、春、秋のどちらがまたは両方の時期に施肥してください。

基本の土
腐葉土 通気性がよく根の張りを促進します。手でもみ、1cm目のフルイにかけて使ってください。
ビートモス 腐葉土より軽く、水持ちがよいので、腐葉土の代れりに使います。その場合は、腐葉土より量を少なめに。ほとんどのものがphを調節してありますが、末調整のものはかなり酸性ですので石灰を混ぜて使つてください。
ハーミキュライト 通気性をよくする改良剤です。さし木・播種床に混ぜて使用します。
パーライト 通気性をよくする改良剤です。さし木・播種床に混ぜて使用します。
桐生砂・朝明砂 排水性を高める改良剤です。また、東洋ラン、オモト、カンノンチク、シュロチクなどの培地としても使用されます。
富士砂 保水性・排水性を高める改良剤として、主に山野草や盆栽用土に配合されます。

店長からのアドバイス
堆肥
落ち葉や台所がらでる生ゴミなどを積み腐らせたのが堆肥です。土の改良にも効果的な有機質肥料ですが、十分に発酵させてからでないと植物を傷めるだけです。発酵させるには生ゴミ処理器が大変便利です。

葉面散布
特に弱った植物には、養分を葉がら吸収させる葉面散布がよいでしょう。液肥を規定量よりもさらに薄めに作り、葉裏にスプレーします。観葉植物などの葉のツヤをよくするのにもこの方法が効果的です。

土のフレンドは別容器で
土の特性を生がしあうために土を配合する場合、鉢の中でブレンドするのは避けましょう。 バケツが洗面器など別の器で作業します。 より均−に、しかも手早く配合できます。

         

HOME HowTo和光園 店舗のご案内 ご来店地図 やってみよう! 裏手の温室 採用情報
切り花 アレンジメント ドライフラワー ブーケ 園芸資材
 品質管理 推奨環境
Copyright Flower Store Wakoen All Rights Reserved.